年長さん最後の茶道体験

 

 

先日、年長さん最後の茶道体験が無事終了しました。

 

 

この日はお天気にも恵まれ、年中さん年長さんが一緒に

高畠会館まで歩いて行きました♪

 

 

まずは掛け軸や季節のお花を拝見しご挨拶。

床の間への入り方も覚え

とっても上手になった年長さん。

 

 

春の書の掛け軸の意味なども先生方から教えて頂きました。

 

 

そして、春からまた新たに始まる茶道体験と

どんなものなのか、

年中さんも一緒に見学しました。

 

 

なんだかいつもと違う雰囲気で緊張気味の年中さん。

 

 

今回は年長さん全員が向かい合って座り、

お抹茶を頂く側①

お抹茶を点てる側②

 

に分かれ、交代もし両方を体験しました。

 

 

上生菓子はうら田さんの「犀川」です。

 

 

初めてお抹茶を点てる体験。

泡が立つと美味しくなるので

こぼさないよう、一生懸命点てていましたよ♪

 

 

お抹茶の点て方を学んだあとは

運び方の作法を教えて頂き

お向かいに座っているお友達に

お抹茶を飲んでもらいました。

 

 

「美味しかった~!」「もっと飲みたかった!」

「やっぱり苦手だな…」「苦いよ~(;´Д`)」

と子ども達の様々な感想が出てきます。

 

 

両手で持つ器の持ち方も上手になったね!!

 

 

最後に年中さんも「真」のご挨拶を習い、

みんなでご挨拶しました。

 

 

年4回の体験でしたが、毎回習ったことを

覚え、上手にご挨拶や作法が出来ていた年長さん。

本当に子ども達の吸収力は早いな~と感じます。

成長していく上で、様々な場面で畳の部屋に上がる機会があると思います。

そういった時にまた思い出してくれたらいいなと思います。

 

ご協力頂きました茶道の先生、きりん組の保護者の皆様

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

Comments are closed.