クリスマス茶道教室 「おもてなし」

 

 

先週、町内の会館できりん組(年長)さんの

クリスマス茶道教室を行いました。

 

 

今回は床の間への入り方をご指導して頂き、

扇子を前に礼をして入室し、再度全員で先生にご挨拶。

 

 

田原先生のお点前を初めて見る子ども達。

静かに姿勢よく正座できちんと待つことが出来ましたね!

流石、きりん組さん!!

 

 

順番に干菓子盆に両手を添えてお干菓子を取り、

「お先に」のお礼をして頂きました。

片手で行える動作を、あえて両手で行うのも、

茶道ならではの所作を美しく見せる「所作美人」。

 


茶道は型苦しい…面倒くさそう…敷居が高そう…

と思われる方も多いかもしれません。

ですが、ひとつひとつの動作には美しい型があります。

誰かに何かを渡す時も、両手で行うととても丁寧な印象になります。

 

そういった日常の人のさりげない動作から

品を感じることってないですか?

「人の美しさは「顔立ち」よりも「所作」で決まる」

とも言われています。

 

 

細かい作法を繰り返し練習することで

美しい所作が身に付き自分に自信が持てるようになると

いいですね!

 

 

 

また茶道の奥深い魅力は、

日本人だけでなく海外の方からも注目されています。

茶道はただお茶を飲むだけでなく、

おもてなしの心、英語では「Hospitality ホスピタリティーや、

茶道具の美、伝統的な作法など、

たくさんの日本的要素が詰まっているのが人気の秘密です。

 

 

子ども達にはまだまだ理解が難しい

茶道教室かもしれませんが、大きくなった時に

大人になった時に

「こういう事したな~」と茶道を思い出し

興味を再度持ったり、日本人として茶道の意味の深さを知る

きっかけになってくれたらなとも思います。

 

また、本物に五感で触れて心を育てる保育を

行っていきたいと思います。

 

 

 

今回は子ども達にワクワク♬してもらえる様な

飾り付けを茶道の先生方がして下さいました。

手作りのお土産まで頂き、子ども達にとっても

楽しいクリスマス茶会になりました。

 

素敵なおもてなしを、ありがとうございました(^^♪

 

 

今回は落雁・諸江屋さんのお干菓子

クリスマスカラーの「福うさぎ」ココア味等を頂きました。

 

子ども達は「美味しい~!!」( *´艸`)

ととっても喜んでいましたよ♬

中には飲み込むのが勿体ないと( ゚Д゚)

飲み込まずに口の中にずっと持っていた子もいるくらいでした!(笑)

 

来年の最後の茶道教室はこやぎ組さんも

参加しますのでお楽しみに♪

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.